2008年1月15日火曜日

「淀川ぞめき」グーグル

ブログ(blog)のもとの形であるウェブログ(weblog)というやつ、最近めっきり見かけなくなった。っつーか、あっても見ないかもね。そりゃ、そうだわな。検索サイトもできたし、情報源としての各種サイトは常に存在するし、何といっても皆さん常時接続でゆっくり見るようになった。早い話、もうウェブログなんぞ要らなくなったのだ。

しかしウェブログを記すための道具だけは進化し続ける。でもウェブログは要らない。いつしかウェブログはブログとなり、特定の話題について有用な話題を提供し続ける媒体となった…のなら良いけど、そんな奇特な人は少ないですからなぁ。むしろ、日記みたいな駄文みたいなものを書く人が増える。

そんなこともあって、徒然なるままに駄文を書き連ねるようなわけのわからない日記的サイトがブログと呼ばれるに至った。おぉ。んじゃ、ピッタリではないか。「淀川ぞめき」としてダラダラ書いてたやつをこの際グーグルに任せても良いんじゃなかろうか。と思いついたのでこうしてみた。こういう時は時流に逆らわないのである。

0 件のコメント: