2010年1月22日金曜日

酒類募集中

講釈師業が一段落つきつつある。人前でベラベラ喋るという、我ながらゼッタイできそうにないストレス満開の商売から一時的に離れることができるのだ。心の底から幸福な、ホッとした気分が湧き上がる。うふふふふ。生きているのも良いもんだねぇ。

ストレスが減ると酒量も減る。疲労で寝付けないとか、怒りの発作で目覚めるといった不健康な状態もなくなり、スーイスイと気分良く眠ることができる。電車で見る映画も(いつもiPod touchで映画やBBCのテレビ番組ばかり見ているのだ)ストレス解消用アホアホ映画から教養番組に切り替わる。いや、そもそもそんなものに頼らなくてもいろいろなことを楽しく考えることができる。

朝、混んだ電車に乗りながら考える。あぁこの車両だけでもずいぶんたくさんの人が乗っている。どれもがかけがえのない命なのだ。あぁこの人たちの腸内ガスを全部集めたらどれぐらいになるだろう。ちょっとした発電ができるのではなかろうか。

待てよ。この人たちの脳を取り出してギッシリ湯船につめたらどれぐらいになるだろう。半分ぐらいはいくかな。いやいや、普通の家庭用の浴槽ならもっといくだろう。肩までゆったり浸かれる感じか。それはずいぶん奇妙な光景だろうな。

あぁ座っている人も多い。あの座席の中には何が入っているのだろう。何しろ大阪地下鉄だからピタポンのぬいぐるみが入っているのかもしれない。少なくとも同種の綿が使われている可能性はあるな。あるいはヘタすると乗客の脳が詰まっているか。その場合、座り心地はどんなもんだろうな…

まぁこんな調子で思考が転がり続ける。非常に健康的だ。でも、そうは思わない人もいるかもしれない。そういう人は、酒類をお送りくださいますように。不健康な生活に戻れば、フツーの人みたいに不機嫌な顔して何も考えず通勤電車に乗れるでしょうから。待てよ。あるいは逆かもしれないな。やってみないとわからない。飲めば、「パンダの歯を人間の義歯として使えば、その人の食生活はより健康になるか」といった有益なことを考え始めるかもしれない。さぁ酒類。さぁ。さぁ。

まぁ何しろ、我ながらゼッタイできそうにないストレス満開の商売から一時的に離れることができるのだ。うふふふふ。さてアルザスの葡萄酒を冷蔵庫に入れるか…

0 件のコメント: