2011年10月26日水曜日

英国と日本とオリンパス

「あ。またアレだ」とは思うものの、なかなか慣れないんですよ。いや、こんなに気持ち悪い事柄に慣れる方がオカシイんだろうけど。

つまり、日本で結構大きな出来事が発生しますでしょ。すると報道機関を通じてフツーの大ニュースとして聞きますでしょ。ところが日本だけはそれを伝えない。日本の大事件が、日本でだけ(大きな)ニュースにならない。これって変な感じですよ。「あ。またアレだ」とは思うものの、居心地悪いですよ。すんごく。

何かが発生して報道が生じるとは言え、大概の場合、ニュースを聞いて出来事を知る、という順番になります。かなりのことについて報道がないと、「どうしたの? 見たくないの? なかったことにしたいの? きっとその理由はこんな感じ? ああぁ…」という脱力感につながる。んで、それが大概当たるわけです。居心地悪いよ。

すなわちオリンパスという会社がある。着任したばかりの英国人CEOがいる(実はこの人、オリンパスに勤務して30年という大ベテラン)。近年途方もない規模の不正が行われたらしいので、「わが社の大問題だ」として調べ始めた。その途端、満場一致で追い出された。つまりアッという間にクビになってしまったのである。

何しろ大量のおカネが絡んだ不正行為の疑いである。オリンパスという会社は要するに株主のものであるし、従業員もたくさんいる。株主や従業員を守るためにも、この種のことは明らかにせねばならない。ということで、目下FBIが捜査に乗り出している。一方、クビになったもとCEOは身の危険を感じるのでスコットランド・ヤードに身辺警備を頼む始末。大騒ぎですよ。

もちろんオリンパスの株価はガタ落ちである…いわゆる国際市場ではね。

そんなわけで大ニュースなんだけれど…今し方ちょっと日本経済新聞を見てみたら:
いちいち登録したくないのでこれだけしか読んでないけど…それは「迷走」であり「特段の材料が出たわけではない」のね。マンガ的に眼をゴシゴシこすってしまいそうな非現実感。もちろん言論の自由、報道の自由なんだけど…それってあんまし自由じゃないように見えるんですけど。

どうしてなのかな。どうして見たくないのかな。その理由はこんな感じ?…あぁこんなこと考えていると気が滅入るからやめよう。と思うヤツがいるからこの日本の現状がある。気をつけよう甘い思考停止。

要するに、こんなにレベルの低い状況ははじめから出てこないような空気を作りたいですな。そのためには皆様がオトナになること、これしかないのです。教育は大事ですね。あ、明日はまた大学の勤務だ。あ。あ。あ。げろげろげろ。

0 件のコメント: