2008年4月24日木曜日

日本:イスラム説…無理か

いわゆる西洋文化圏、典型的にはヨーロッパなんかにしばらく滞在した経験のある方なら(というか、こういう時代ですから、そんな経験などしなくても)ご存知の通り、一般に西洋はオトナの世界である。ドアの把手の位置は高く、流しや洗面台の位置も高い(別に彼らの背が高いわけではない;フランス人やイタリア人の身長なんか日本人と同じくらいでしょ)。ちょっとした階段や手すりやエスカレータなんかも、子供やお年寄りにはちょっと無理かなという構造のものが多い。登山コースには「こここれは怖いぞ危ないぞ」という箇所がザラに出てくる。

ついでに言うと、乗り物でも買い物でもサッサと物事が進む。道を歩く人も比較的しっかり歩いている(日本では靴の歴史が浅いせいもあってか、足に合わない靴を履いてヨロヨロ歩く人が非常に多いため、その差が目立つ)。道路の制限速度も「そりゃこの道でそんなに速く走ったらアブナイわな」と思える、言わばホントの制限速度である。会話には常にジョークがつきまとうし、テレビのコマーシャルなんかも、ニヤリと笑わせるものが多い。「えーと、今の話って何が面白かったの?どうしてみんな笑ってるの?」という人が仮にいたとしたら、それは子供ということになっている。

この調子で例を挙げればキリがないが、早い話、何らかの理由で体が弱い人やボーッとしている人はついていけない確率の高い、オトナの世界なのだ。

(これに慣れてくると、電車の中で次の駅の名前を連呼したり忘れ物をするなと繰り返しお説教をする世界、安っぽいガキ相手の広告や看板が町に溢れる世界が不思議に思えてくるものだけれど、別にそんな日本が「悪い」と言わなくても良いでしょう。まぁ、これから成長するのだ。)

んで、子供やお年寄りや種々の障害のある人はどうするのかというと、それ用の設備や場所を「そういう人はこちら」とばかりに用意してある。それが弱者に対する思いやりとか福祉とかいうものである。

一方、我らが日本はそこまでいってないというか何というか、「みんないっしょ」にすることが弱者に対する思いやりだという発想が随所に張り巡らされている。子供にも手の届く洗面台、お年寄りにも使える階段、障害者と共に学ぶ教室、等々を用意して、皆さんがこれを使うのが平和という発想である。したがって、多くの人は弱者に「合わせてあげている」格好になる。パッと見たところ全体のレベルが低いように見える。

(確かにこれでいくと「全体が足を引っ張られる」というマイナス面がある。その一方、多数者が「別に自分はそこまで低いわけじゃないんだけどね、合わせてあげてるの。あぁなんて優しい私」という気分を持って安心できる側面もある。別に悪いことでもないでしょう。また、心身に重度の障害を持つ人たちはまるで完全に隔離しておきながら「私達はみんないっしょに暮らしている」という幻想に浸ることもできる。これはちょっと悪いかな。何しろここらのバランスが微妙に揺れ動いてこの国の特徴の一大側面を形成している。)

さて、えー、以上は前置きだったのでございます。それでですね、数年前に「女性専用車両」なるものが出現した時には「こ、これはえらいことを始めちゃったのね」と思ったわけですよ。もちろん決めつけはできないけれど、この国には、上記の通り、およそこの種の隔離を明るく実行する土壌が稀薄である。「みんないっしょ」じゃないと角が立つわけです。

これが「中国人専用車両」とか「在日韓国人・朝鮮人専用車両」となると、皆さんは「ダメ!いけまちぇん!」と言うに決まっている。それは例えば米国で「黒人専用車両」とか「ユダヤ人専用車両」が不可能なのと同じことである。

ここで、「いや、そういうのは人種差別であって、痴漢犯罪防止とは関係ないでしょ」とは言えないんですなぁ。米国で黒人問題の討論をすれば必ず「でも、実際問題として犯罪者に黒人が多いのは事実なんだから市民を保護するために何らかの隔離もやむなし」という意見が聞かれる。

要するに、この種の区別は差別と区別がつかないのだ。この種の差別は区別と差別がつかないのだ。こんな言葉遊びができるほど、その境界は曖昧なのである。

この「女性専用車両」なるものがいかに不可思議なモノであるかは、その背後にある論理を探ろうとすればすぐわかる。なぜなら、いわゆる普通の意味での論理は存在しないからである。すなわち痴漢犯罪をなくすことと女性専用車両を用意することとの間には何の必然性もない。女性専用車両においても痴漢はあり得るし、女性専用車両の外なら痴漢犯罪があって良いわけでもない。

論理的に成り立つとすれば「痴漢専用車両」を作ることであろう。これなら、痴漢の皆様はこの車両に乗れば良いのであり、その被害に遭いたくない人はこの車両を避ければ良いのである。ところが、それはやらないでしょ。理由は簡単、痴漢の皆さんが正直にその車両に乗り込むことも考えにくいし、その被害に遭いたい人がそこに乗り込むことも考えにくい。というわけでしょ。これに対して「当たり前だろ」と真顔で言い切れる人には、「んじゃ、女性専用車両って何なんです?」とまっすぐ問い掛けてあげたい。当たり前の答は返ってこないであろう。

ということは、この「女性専用車両」というヤツ、文字通り素直に受け止め、普通に考えてもわからないのですな。

結論から申しますと、これは「男子禁制車両」なのであります。なぁんだ、と仰るなかれ。ここがこの国の微妙なバランスなんですけん。

男子禁制。何とも古式ゆかしい感じでしょ。実のところその通り。現代これを実行しているので有名どころはイスラム諸国でしょうかな。家には男性禁制の奥の間があり、女性はできるだけ顔や皮膚を隠す服を着て…という、あれである。別に古いからダメというわけではないけれど、まぁ今の世の中においては古い発想とされている。良い悪いではなく、オトナになるとは、そういうことなんですな。

実は日本の皆様もそういう古い発想に気分のどこかで納得できるものを感じているのであろう。事実、古い風習を伝える相撲とかお寺なんかの世界には女人禁制の場所がある。同様に男性禁制の場所も「何となくわかる」土壌があるわけだ。しかし、それが醒めた現代生活の文脈に合わないこともよくわかっている。

一方では、言葉にならぬ古い風習に対する一種の憧憬(…があるとはハッキリ認めたくない)。一方では、技術大国ニッポンの、そしてしばしば「無宗教です」と胸を張る日本人の、醒めた現代感覚(…のために理屈をつけようとして非論理に陥る)。この2つに挟まれた空間に、「女性専用車両=男子禁制車両」はポカリと浮かんでいるらしい。

そう考えると、この女性専用車両なるものが持つ何とも奇妙な感じにちょっと説明がつくように思える。実は隔離でも差別でもなく、単なる男子禁制への逆戻りに過ぎず、「みんないっしょ」原則にぶつかるわけではない。でもそれを醒めた意識のレベルで認めたくない気がしている。この辺りに、この国の持つ「何とも奇妙な感じ」が発生する微妙なバランスがあるようである。まぁ、試しに西洋人に女性専用車両を詳しく説明して御覧なさい。少なくともどこかで以上の理路を通過することでしょう。

0 件のコメント: